蓄電池の種類

系統連携型

系統連系型の蓄電システムは、予め分電盤の配電工事が必要です。
蓄電システムの性能に合わせた特定負荷指定回路(家電・照明・冷蔵庫等)と蓄電池を接続しておけば、停電時には非常用電源、太陽光発電システムと連携すれば、ピークシフト等を自動的に切り替えて効率良く使用する事が出来ます。

ポータブル型

ポータブル型は室内の通常のコンセントから充電を行い、蓄電池本体のコンセントに差して使用します。
電気配線工事を行えば、天井照明など停電時に自動切り替えが可能です。
主な使い方は、停電時などの非常用電源として使い、電力需要の多い夏場などはピークシフトで使用する事も可能です。
蓄電池本体のコンセントに使用機器を繋がないと使用ができず、特定機器にしか使用できないという使用上のデメリットも御座います。

お役立ち資料プレゼント(無料)

家庭用蓄電池を導入する際に抑えるべき、5つのポイントとは?

蓄電池導入で失敗しないための秘訣を、蓄電池サポーター事務局が10ページのPDFにまとめました。