蓄電池とは?

蓄電池とは、1 回限りではなく、充電をおこなうことで電気をたくわえ、くり返し使用することができる電池のことです。 (「二次電池」や「バッテリー」とも言います。) スマートフォンやノートPC などに内蔵されているバッテリーなどもその一種です。

太陽光発電システムの余剰電力や深夜の安い電力を蓄電し、高い昼間の電気料金の時に蓄電池から電力を供給したり、災害時などの非常時に電灯(照明)・テレビ・冷蔵庫・携帯の充電などの電源として利用が可能です。

蓄電池の容量は10kWh 程度が一般的。
蓄電できる多くの電池の中でも軽量かつコンパクトで高性能なリチウムイオンバッテリーを使っている製品が現時点では主流となっております。
設置は、据え置き型・壁掛け型・移動型(キャスター付き)など数種類ございます。

蓄電池を導入する方が急激に増えてます︕

蓄電池を設置する人が増えている理由︕
①2019 年11 月から、太陽光発電の10 年間の固定買取期間が終了する人(卒FIT)が53 万人に︕(2019 年問題)
②国・自治体の蓄電池補助金の実施。
③各メーカーの製品ラインアップ増え、様々なニーズに適応できるようになってきた。(価格の低下)
④大地震だけじゃなく、台風など大規模な自然災害が増え、大規模的な停電のも増え、非常時の非常用電源の確保としての需要の高まり。

お役立ち資料プレゼント(無料)

家庭用蓄電池を導入する際に抑えるべき、5つのポイントとは?

蓄電池導入で失敗しないための秘訣を、蓄電池サポーター事務局が10ページのPDFにまとめました。